記事内に広告が含まれています

高野山の麓で奉納されるおっぱい絵馬【慈尊院】

おっぱい絵馬 和歌山県
ブルースチェン

月間2万アクセス突破!最も勢いのある珍スポット系サイトを運営しています。京都府在住で32歳。これからも新しい珍スポットをどんどん追加していきます!

ブルースチェンをフォローする

慈尊院は高野山の玄関口に位置するお寺です。このお寺で見逃せないのが、見た目がおっぱいの「乳房型絵馬」
一般的な絵馬は平面に動物や鳥居が描かれがちだが、乳房型絵馬は布で白くふっくらした丸とピンクの点を立体的に表現しており「えっなぜリアルおっぱい?」と戸惑いを隠せません

詳しい様子を写真と共にお伝えします

スポンサーリンク

おっぱい型の乳房型絵馬

慈尊院は女人禁制が続いた高野山に代わって「女人高野」と呼ばれ、子授け、安産、育児、授乳、良縁などを願っておっぱい型の絵馬を奉納する女性が多く訪れます

おっぱいの絵馬

おっぱい=エロいモノと思っていましたが、奉納の由縁やお寺の歴史を知るとまた違った目線で乳房型絵馬を見ることができますね。確かに乳房は生命の源であり、女性の象徴でもある

ほこりでくすんで萎びた乳房は何年前に奉納されたものだろうか

「どうやって柱につけてるの」と思うぐらい沢山の絵馬が本堂前でひしめき合っています
こちらはミニ乳房の絵馬

小さな乳房型絵馬

本堂前に奉納されている乳房型絵馬は3千円でミニ乳房型は2千円でした

3千円と書かれたえま

慈尊院は女人高野として親しまれている

今でこそ観光地として誰もが訪れることのできる高野山ですが、明治5年まで女人禁制として女性が訪れることは厳しく制限されていました。
弘法大師が開いた慈尊院は高野山の要所であり女性の高野巡りの最終地点「女人高野」として女性の祈りを集めるようになりました
今では世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部としても登録されています

慈尊院公式HP http://jison-in.org/index.html

高野山案内犬のゴン

境内にある「高野山案内犬・ゴンの碑」も見どころです
昭和60年代に、慈尊院近くに住みついていた野良犬がいました。誰が教えたわけでもないのですが、不思議なことにその犬は慈尊院から高野山への参詣者の道案内をするようになったという。鐘の音を好んでいたその犬は「ゴン」と呼ばれ沢山の人に愛されていました

ゴンは2002年6月5日息を引き取りましたが、同年7月23日に慈尊院境内に「高野山案内犬ゴンの碑」が建てられました。弘法大師の隣に凛とした表情で佇んでいます

ごんのひ

1200年前の弘法大師の時代にも案内犬がいたと伝わっており、「ゴンは弘法大師の案内犬の生まれ変わり」とも言われています

アクセス

住所:伊都郡九度山町慈尊院832
詳しい場所をGoogleマップで確認する
TEL:0736-54-2214
営業日:8時00分~17時00分
公式HPhttp://jison-in.org

まとめ

慈尊院は高野山の登り口にあり、参詣者が一時滞在する所ともなって信仰を集めてきた場所です。おっぱいが沢山並んでいて、なんだか奇妙に思えましたが「女人高野」として信仰されてきた背景を知ると納得できました
とはいえ全国的にも珍しいおっぱいの絵馬は不思議で面白い
日本屈指の聖地「高野山」を訪れた際は必ず立ち寄りたいスポットです。最後までご覧いただきありがとうございました