記事内に広告が含まれています

え!お店じゃないの?神戸南京町の中華風市民トイレ【臥龍殿】

武術ショップの看板 兵庫県
ブルースチェン

月間2万アクセス突破!最も勢いのある珍スポット系サイトを運営しており、これからも新しい珍スポットをどんどん追加していきます!京都府在住で32歳。

ブルースチェンをフォローする

日本三大中華街の一つである「神戸南京町」は日本にいながら外国の雰囲気を味わうことのできる人気観光スポットです。同時になんだこれ?といった面白い雑貨や景色が多く立ち並ぶスポットでもあります
個人的にオススメなのが南京町にある唯一の公衆トイレ「臥龍殿(がりょうでん)」お土産やさんかな?と思ってしまう程の豪華さで公衆トイレです

南京町の見どころとともに臥龍殿についてお伝えしたいと思います

スポンサーリンク

南京町の様子

元町駅から歩いてすぐの場所に南京町は位置しています。屋台風の店から、中国様式のド派手な飲食店までずらっと並ぶ。店員風の人と目が合うと片言の日本語で呼び込んでくるが、強引さは一切ない。賑やかだ楽しい

南京町の様子
The中華街と言った景色
中華料理の店構え
どの店も中国感がすごいね
自販機の様子
南京町の自動販売機。中華風だ

所々に昔ながらの中国を感じさせる景色が残っており、歩いているだけで面白いスポットである

汚い中華屋
映画「カンフーハッスル」で登場しそうな場所は
チャーシューが売られている景色
地元向けのチャーシュー屋さんかな
武術ショップの看板
大型中国武術用品店「空龍」。ここのオーナーはジャッキーチェンの映画に出演したことがあるそうだ

市民トイレ臥龍殿に突入

メイン通りから一本外れた場所に臥龍殿がある

パッと見はトイレに見えない公衆トイレ。翡翠色の屋根に赤がパキッと映えていて龍の彫刻が細かい。
「派手なお店屋さんね」と通りすぎてしまう人も多いだろう

トイレの様子
祭事に使用されるのであろう、龍も展示されている
監視カメラ
細部までこだわった作りだ。監視カメラもある

中に入ると内装も中華風。沢山の人が利用しているにも関わらず綺麗だ。

しっかりとトイレだ
トイレの標識。正真正銘のトイレだ
トイレ内部の上部
天井と扉がしっかりと中国仕様

建物正面の金色に輝く「臥龍殿」という文字は作家の陳舜臣氏が揮ごうした物で、左右の龍も外国から取り寄せた物だ。すごく豪華である

南京町の公式HPによると2階はコミニュティーホール、3階は組合事務所になっている

夜の南京町も良い

夜の南京町の雰囲気も良いです。人通りもだいぶ少なくなっていてとても歩きやすい

夜の長安門
昼頃は人でごった返していた場所だ。ライトアップされていて綺麗
飲食店の様子
従業員風の方達。休憩明けかな?

まとめ

日本でも指折りのチャイナタウンである「南京町」横浜の中華街と比べるとコンパクトですが
駅からのアクセスも良く食べ歩きをするも良し、変な雑貨を買うも良し、臥龍殿という豪華な市民トイレにただ立ち寄るも良しの面白い場所でした

夜の雰囲気も素晴らしくまた違った魅力がありました
以上です。最後までご覧いただきありがとうございました

アクセス

営業時間:平日は10:00~19:30
     土日祝は21:00まで
飲食店の営業時間は11時頃に開店9時頃に閉店する店がお多いように思います

住所:〒650-0023 兵庫県神戸市中央区栄町通1丁目3−13