記事内に広告が含まれています

胎児や赤ちゃんが材料のお守り「クマントーン」が買える呪物市場【アミュレットマーケット】

ミイラ化したクマントーン バンコク
ブルースチェン

月間2万アクセス突破!最も勢いのある珍スポット系サイトを運営しています。
京都府在住で32歳。これからも、新しい珍スポットをどんどん追加していきます!よろしくお願いします。

ブルースチェンをフォローする

バンコクの王宮エリア(旧市街付近)にある宗教関連の道具を専門とした市場「アミュレットマーケット」

一見、普通の市場のようだが、僧侶の骨や髪の毛が練り込まれたお守りや、悪魔のような姿をした人形が販売されており一筋縄ではいかない呪物らしきモノが並んでいる特殊な市場

中でも、明かにまがまがしいオーラを放っていたのが、胎児や赤ちゃんの遺灰や遺骨を使用して作成したお守り「クマントーン

素人目にもこれはヤバいと感じずにはいられない代物でした
クマントーンが販売していた店や市場の雰囲気を写真とともに詳しく紹介したいと思います

スポンサーリンク

アミュレットマーケット(タープラチャン市場)の入り口

アミュレットマーケットは「タープラチャン市場」とも呼ばれています

市場はチャオプラヤー川に向かって枝分かれして広がっており、薄暗い景色と埃っぽい匂いが漂います。食べ物をつまみながら談笑するタイ人のおばちゃん、タイ語が流れるTVをぼーと見ながら店番をするおじさんなどローカル感も魅力的な市場です

手作りのシェードで市場内部は薄暗い
trok nakhonと書かれた看板
この看板が目印

ワットプラケオを含む三大寺院の近くに立地しているため、旅行の行程に組み入れやすくおすすめです

プラクルアンが並ぶ風景

市場にはタイ伝統のお守り「プラクルアン(Phara Kruang)」が数多く並んでいます

仏や高僧をかたどったモノが多いなか、ヒンドゥー教の神であるガネーシャや「ピー」と呼ばれるタイ社会の価値観や個人の考え方の根底にあるアニミズム信仰に由来したモノも並んでいます

プラクルアンは日本円で数千万円以上の値段が付く代物もあり、タイでは専門誌が発行される程コレクション性が高いものです

無数のプラクルアン
物量がえげつない
高僧のキーホルダーみたいな見た目
高僧の写真入りプラクルアン。ぱっと見アイドルグッズみたいだ
見たこともないヘアースタイル。不思議な雰囲気を纏っていた
悪魔のような人形達
恐ろしい悪魔のような人形も多数
拡大鏡でプラクルアンの細部を確認する男性
拡大ルーペで細部を確認している人が多くいた。投資目的で購入する人もいるらしい

アミュレットマーケットで販売されているプラクルアンの価格帯は
20バーツ(100円以内)〜100バーツぐらいの物が多かった

外国でぼったくりを避けるテクニックとして本当に欲しい物を1番に尋ねないことが挙げられるが、
ここでは外国人だとわかっていても通常の価格を教えてくれる

雑多に並べられた中においても、明かに他とは異なる雰囲気を感じるプラクルアンは500バーツ以上の値段が付いていました

無数のプラクルアン
運河などから引き揚げられたモノもあるらしく、接客そっちのけで修復や汚れ落とし作業をしている店もあった

クマントーンの写真

なんじゃこれ!!
市場を周っていると明かに人間をかたどった代物に目が釘付けになる

え!?これ人間か!?サルだよな??

これが何なのか。店に立つ30歳前後の女性店員に尋ねるも、英語が伝わらない。サルの真似をしたり、これが何かを考えているジェスチャーをして質問を伝えると。「あー」と発言。店員に意図が伝わったようだ

すると妊婦を示すジェスチャーからのお腹への指差しポーズで「ベイビー!!」
「いや嘘やん!!」と思わず日本語で叫んでしまった。「リアル?フェイク?」と単語で尋ねるも。「ベイビー」の一点張り

まじか・・・値段はケース入りだと300バーツ(約1000円程度)ケースに入っていない物だと150バーツ。いや安すぎないか
「これってクマントーン?」と尋ねると「イエス」と返答

クマントーンとは

クマントーンとは「黄金の男児」という意味で、日本で言うところの座敷童子的存在
タイでは人気の神様で家内安全や商売繁盛などのパワーがあり、本物の子どものようにご飯やお菓子をお供えし大切に接するべきと考えられている。

本来の作成方法は儀式とともに胎児を焼き、そして乾燥させミイラ状にし、最後に金粉をまくという、にわかには信じられない呪術が用いられる。もちろん、現在のタイにおいて胎児をミイラ化しクマントーンを作ることは違法である。

・原材料は人体? タイ人が大切にするお守り「プラクルアン」の奥深さ(前編)webムー 2022.11.16 文=髙田胤臣https://web-mu.jp/spiritual/6264/
・Kuman Thong(英語Wikipedia)https://en.wikipedia.org/wiki/Kuman_Thong

市場で流通しているクマントーンは遺灰や遺骨を使用して作成されたクマントーンであることが考えられる。クマントーンにはさまざまな種類があり、クマントーンの女児版を「クマンニー」、水子を使用したクマントーンは「ルッククロック」と呼ばれています

宇宙人みたい
ルッククロック
二頭のルッククロック
二頭クマントーン

クマントーンの効果は凄まじいらしく、未だに墓を荒らして胎児を手に入れようとする呪術師がいる程だ。実際に毎年のように逮捕者も出ており、世界的に報じられる事件も多数。違法に作成されたミイラ化クマントーンは、現在においても闇で販売流通していることが想像できる
以下は世界的に報じられた違法クマントーンに関するニュース記事です

2012年5月18日、台湾出身の28歳のイギリス市民、チョウ・ホック・クエンがバンコクのホテルの部屋で、焼かれて金で覆われた6人の男性の胎児と一緒に逮捕された。警察は、クエンが台湾で胎児をそれぞれ約6,300米ドルで売るつもりだったと報告した。https://edition.cnn.com/2012/05/18/world/asia/thailand-fetuses-black-magic/index.html

2011年、ラオスでは、村のシャーマンの指示の下で胎児を「ルークロード」として使用するために、妊娠中の妻を殺害した男性が報告されました。https://web.archive.org/web/20110119023404/http://www.news.com.au/breaking-news/man-killed-wife-for-lucky-lotto-feotus/story-e6frfku0-1225990638494

豚や猫を加工したプラクルアンも見せてもらいました

豚のお守り
豚。下部に溜まっているのは聖なる油
猫のお守り。ケースに入っている
猫。豚と比べるとかなり小さい。

クマントーンを販売している店の情報

その後、他の店もまわってみましたが
クマントーンはこの店でしか見ることができなかった

この店の場所を詳しくお伝えすると
Trok Nakhon」と示す看板を目印に市場の入り口から進んだ3〜4件目に位置していました

バンコクの珍スポットについては、以下の記事が面白くとても参考になりますよ

珍スポット!?バンコクのマイナー観光地。マニアックな16の穴場。 結論|タイ一択https://runbkk.net/bangkok-secret-spot/#i-15

まとめ

バンコクで珍しいモノが見たいという方にオススメの「アミュレットマーケット
中でも、特にやばかったのが「クマントーン」

購入も考えましたが、日本への持ち込みが禁止されているモノもあるのではないかと怖くなってやめました。ぜひ実際に行ってその存在を確かめてみてください

以上です。最後までご覧いただきありがとうございました

アクセス

GoogleMapでアミュレットマーケットの場所を確認する
名称:Amulet Market(ตลาดพระเครื่องท่าพระจันทร์หมีญวน)
住所:สนามพระเครื่อง 1 Trok Sake, Phra Borom Maha Ratchawang, Phra Nakhon, Bangkok 10200 タイ
営業時間:8時〜16時

昼を過ぎると閉まる店も多いようなので、朝方の訪問をオススメします。私は8時頃に訪問しました

タクシーを利用する場合は運転手に「アミュレットマーケット」と言うと伝わります

その他、バンコク珍スポットはこちら
女性にもオススメのゴーゴーバーでムエタイ観戦【ピンクパンサー】
ゾウに乗った後は、ワニの口に顔を突っ込むショーを見よう!【サンプラーン・エレファント・グラウンド&ズー】

参考文献

ピー信仰については
・スニサー・ウィッタヤーパンヤーノン「タイ人を知る10の言葉」『やっぱりやっぱりやっぱりタイが好き』TRANSIT No.57 講談社MOOK P171

・髙田胤臣(2019)『亜細亜熱帯怪談』 彩図社

・幽霊、UFO、呪物、自殺現場…。丸山ゴンザレスのクレイジー・タイ・ジャーニー ~バンコク裏名所ルポ~ 週プレNEWS 2022年09月15日 取材・文・撮影/丸山ゴンザレス
https://wpb.shueisha.co.jp/news/lifestyle/2022/09/15/117310/

お守りか使い魔か? タイの童子像呪物「クマーントーン/ルーククローク」の謎 webムー 2023.01.11 文=本田不二雄 
取材協力=はやせやすひろ、田中俊行、きりん堂、椋橋彩香
https://web-mu.jp/spiritual/9692/