記事内に広告が含まれています

ハノイ旧市街の墓石問屋通り【ハンマム通り】

墓石の様子 ハノイ
ブルースチェン

月間2万アクセス突破!最も勢いのある珍スポット系サイトを運営しています。京都府在住で32歳。これからも新しい珍スポットをどんどん追加していきます!

ブルースチェンをフォローする

ベトナムの首都ハノイにある「旧市街」は、昔ながらの情緒溢れる風景が広がるベトナムを代表する観光地のひとつ。ハノイ旧市街はかつて城下町として発展し、職人街が形成されました。現在も職人街の名残があり、「仏具問屋」「カゴ問屋」など通りごとに職人の店が密集する形で軒を連ねています。
職人街の中でも特に珍しいのが、「墓石問屋」が密集するハンマム通り(PHO Hang Mam)。顔写真が入り、日本のものより豪華なベトナムの墓石が並ぶ光景は興味深い。
詳しい様子を写真とともにお伝えします。

スポンサーリンク

歴史と文化が息づく「ハノイ旧市街」

ハノイ旧市街は中国王朝による支配フランスによる統治などの歴史的影響からヨーロッパ様式の建物や中国様式の寺院が多く残っています。ベトナムらしい狭い路地やカラフルな建物が密集しており、独特の雰囲気を醸し出してい。また、多くの小さな商店や屋台が軒を連ね、地元の人々の日常生活が息づいています。

コロニアル建築
ハノイ旧市街のちょっとした建物でもフレンチコロニアル建築の美しさが光る
中国様式の建物

ハノイ旧市街の職人街の様子

ハノイの旧市街にある職人街は「36通り」と呼ばれています。この地域は36の同業組合で区分けされており、古くからハノイ市民の生活基盤としての役割を担ってきました。それぞれの同業組合は1本の通りごとにお店を連ねており、その名残が現在でも色濃く残っています。

36通りには「ハン(Hang) ~」という名前が付けられているのが特徴。

仏具
ハンマー(Hang Ma)通り。仏具用品が販売されていました。

墓石問屋通り「ハンマム通り」の様子

職人問屋街の36通りの中でも特に珍しく映るのが、ハンマム通り(PHO Hang Mam)。こちらは墓石が販売されている問屋通り。とはいっても、墓石問屋は5軒程しかありません。ただ、歩道に沿って並べられた顔写真入りで文字がたくさん書かれた豪華な墓石の存在感はえげつない。

日本の墓石と違い、顔写真入りで細かな装飾や名前、生没年月日、住所や年齢など細かな個人情報まで施されているのが印象的だ。

顔写真入り
墓石や

さらにデザインに細かく注目すると、天使や十字架、龍、蓮の花や薔薇などを描いたモノがありデザインはさまざま、オーダーメイドで墓石を作れるのだ。

ベトナム有名コーヒーチェーン店とお土産屋さんの間にある墓石問屋。すごい組み合わせだ

近くのおすすめスポット
壁一面に貼り付けられた付箋が珍しいハノイ随一のSNS映えカフェ【ザ・ノート・コーヒー】
爆撃機の残骸を展示した池とディープなローカル住宅街【B52池】

まとめ

古代からの歴史と豊かな文化が息づくハノイ旧市街。中でも、「36通り」は独自の特色を持ち、伝統的な商業地域が魅力的です。中でも、墓石を販売するハンマム通りはハノイの人々のリアルな生活を垣間見ることができるスポット。歴史的な建物や文化的な遺産が残りながらも、現代の活気ある雰囲気が漂っていました。
最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

アクセス

墓石問屋はGoogleマップでは表示されません。ですが以下の住所の場所を目的地にすればたどり着くことが出来ます
住所:Old Quarter, ホアンキエム区 ハノイ ベトナム
詳しい場所をGoogleマップで確認する

看板の写真
ハンマム通りを示す看板