記事内に広告が含まれています

防空壕を再利用した商店が並ぶトンネル横丁【戸尾市場街】

戸尾商店街の景色 長崎県
ブルースチェン

月間2万アクセス突破!今、最も勢いのある珍スポット系サイトです
筆者は京都府在住で31歳。教育関係の仕事をしています。趣味は格闘技観戦です

ブルースチェンをフォローする

長崎県の佐世保市に防空壕を再利用した商店街がある。その名もトンネル横丁(戸尾とのお市場街)

岩山をくり抜いた形の防空壕は実際に太平洋戦争のときに使用されたもの。その珍しさにくわえて昭和を色濃く感じる昔ながらの雰囲気が魅力的だ

商店街の一番のおすすめは佐世保バーガーが名物の「ベースストリート防空壕店
佐世保に訪れた際は必ず訪問したいスポット。詳しい様子を写真とともにお伝えします

スポンサーリンク

戸尾市場街はトンネル横丁や三角市場などの総称

商店街の景色

戸尾とのお市場街へは佐世保駅から徒歩10分程度の場所にあります。雰囲気はどこにでもありそうな、レトロ商店街

ただ、離れて商店を見てみると高さ8メートルほどある岩山をくり抜いた形で店舗が位置している通りがあります
ここがトンネル横丁だ!!

岩山の上には廃校となった旧戸尾小学校が建つ

戸尾市場街は、トンネル横丁と戸尾市場、三角市場、西海市場、中央戸尾市場
5つの市場の総称です。今回のトンネル横丁は一本の筋になっており、8本の防空壕を利用した店舗があります

なぜ防空壕を商店に利用したの?

第二次世界大戦中の昭和20(1945)年6月28日から29日にかけて、佐世保の市街地は大規模な空襲を受けました。
岩山をくり抜いた形の防空壕は実際に使用され、戦後、路上で営業していた露店が市の要請で壕に移ったのが商店街の始まり

頑丈な防空壕は細長く奥に伸びています。戦後直後はトンネル横丁付近が一番栄えたと言われています

トンネル横丁にある佐世保バーガーの名店がおすすめ

トンネル横丁にある佐世保バーガーの名店に立ち寄ることをおすすめします
「ベースストリート 防空壕店」https://maps.app.goo.gl/jH9gRxihNbvxwgNi8
営業開始は12時〜。木曜日は定休日です

内装は防空壕らしく天井がアーチ型

内装の様子
アメリカテイストな基地ぽくて良い
ハンバーガー

この店のハンバーガーはこれまで食べてきたハンバーガーの中で一番うまい!

パンの表面がパリッと香ばしく、中はもっちりとしている。ガツン!と肉肉しいハンバーグにふわりと柔らかいオムレツが調和している
あとなんだかソースが甘い。聞くとハチミツがブレンドされたマヨネーズを使用しているそうだ。ベーコンのカリッとした味わいも合う

味、香り、食感がいろいろな方向から波のように味覚を刺激するような感覚。バーガーというより洋食を食べているかのようです

クール便で配送サービスも行っているようです。以下サイトから注文できます。マジで最高ですよ

長崎市場どっとこむ/【ついに実現!!】佐世保バーガー 4個詰め合わせ
https://www.nagasaki-ichiba.com/products/detail/165

まとめ

防空壕を利用してできたトンネル横丁。軍港で栄え、戦争と密接に関わった佐世保ならではの場所です。全国を探してもこんな場所ないのではとも思う

横丁は地元に密着した商店街のような雰囲気もありますが、公共トイレや案内板が設置されており、観光地としても便利です。観光で訪れるなら佐世保バーガーは必ず食べるべし!

最後までご覧いただきありがとうございました

<<<近くのおすすめスポット
圧倒的スケール!大正時代建設の超巨大無線塔【針尾送信所】

アクセス

住所:〒857-0864 長崎県佐世保市戸尾町4